生活習慣病予防・改善!効果ある「食の民間療法」

updated Nov 2014

生活習慣病予防・改善!効果ある「食の民間療法」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
生活習慣病とは、その名が示すとおり、長年の生活習慣の蓄積の結果として表れる病気です。具体的には、「がん」「心臓病」「脳卒中」「糖尿病」などです。生活習慣病は発病すると治りにくく、命に関わることも多いとてもやっかいな病気です。

生活習慣病は手術や投薬などで治療しますが、簡単に治せる治療法はありません。そこで、「民間療法」がクローズアップされてきます。

民間療法とは

民間療法とは、医学が発達していなかった古い時代から伝承されてきた、病気を治すための食事法や健康法のことです。昔の人は薬草を煎じて飲んだり、特定の病気に効果があるとされる植物を食べたり、自然の恵みを湿布薬や入浴剤として活用したりしてきました。

民間療法は医学的根拠が解明されていないものも多く、日本では明治時代以降、非科学的とされてあまり活用されなくなっていました。しかし最近は民間療法の有効性が再認識されています。

見直される民間療法

近年、がんなどの生活習慣病の研究が進むにつれて、民間療法で利用される食材のなかに多くの抗がん作用、血液浄化作用などのある有効成分が解明されてきています。

そして、食べ物から有効成分だけを抽出して投与したときと、「煎じ薬」のような方法で体に取り入れたときを比較すると、後者のほうが効果が高いという調査結果も報告されています。また、生活習慣病の対策としては何よりも日ごろの食生活での予防が重要です。以上のようなことから、民間療法が再注目されています。

民間療法は玉石混交

とはいえ、注意しなくてはならないことがあります。民間療法は「体にいい」、「病気に効く」と民間で言い伝えられているものの、根拠のないものも多いということです。巷にある民間療法は玉石混交で、本当にいいものもあれば、疑わしいものもあります。

慎重に選んで楽しく活用

信用できないものもありますが、「民間療法なんかダメ」とすべての選択肢を切り捨てるのももったいないことです。民間療法は、個々の療法の安全性をよく確かめて、その方法がなぜ体にいいのか理由を自分で納得して選ぶことが大事です。

慎重に調べて、これならよさそうだと思うものは試す価値があります。「先人の知恵を楽しみながら活用する」という気持ちで、上手に取り入れてみましょう。このサイトでは、食べ物で生活習慣病を予防・改善する民間療法をご紹介します。

Copyright (C)2017生活習慣病予防・改善!効果ある「食の民間療法」.All rights reserved.

↑このページの上部へ